ワーグナー作曲『ニュルンベルクのマイスタージンガー』

公演日程&チケット

公演日 会場 発売日情報 チケット購入
2020年6月14日(日) 東京文化会館 大ホール 未定

coming soon

2020年6月17日(水)

coming soon

2020年6月21日(日) 新国立劇場 オペラパレス 未定

coming soon

2020年6月24日(水)

coming soon

2020年6月27日(土)

coming soon

2020年6月30日(火)

coming soon

7月予定 兵庫県立芸術文化センター 未定

coming soon

※2019年ザルツブルク・イースター音楽祭、2020年ザクセン州立歌劇場での上演を予定しております。

スタッフ

演 出
イェンス・ダニエル・ヘルツォーク
イェンス・ダニエル・ヘルツォーク

キャスト

  • トーマス・ヨハネス・マイヤー
    ハンス・ザックス
    トーマス・ヨハネス・マイヤー
  • アドリアン・エレート
    ジクストゥス・ベックメッサー
    アドリアン・エレート
  • 青山 貴
    フリッツ・コートナー
    青山 貴
  • クワンチュル・ユン
    ファイト・ポーグナー
    クワンチュル・ユン

合 唱:新国立劇場合唱団二期会合唱団
管弦楽:東京都交響楽団

ストーリー

第1幕

カタリーナ教会の午後のミサ。騎士ヴァルターは金細工の親方ポーグナーの娘エーファに一目惚れする。ヴァルターは、翌日のマイスタージンガーの歌合戦の勝者がエーファを勝ち取ると聞き、靴屋の徒弟ダーヴィットから、歌の規則を学ぶ。歌合戦の資格試験で、市の書記でエーファとの結婚を狙うベックメッサーはヴァルターに落第点を付けるが、靴屋の親方ザックスは自由な精神と才能を認める。

第2幕

ザックスの家の前、同じ日の夜。ベックメッサーが現れ、エーファにセレナーデを捧げるが、ダーヴィットは、彼の恋人に捧げていると勘違い、ベックメッサーに殴り掛かると、そこから街中大騒ぎの乱闘となる。

第3幕

翌朝、ザックスの家。ヴァルターはザックスと歌合戦のための歌を作る。ベックメッサーが現れ、ヴァルターの歌の下書きを見つけると、ザックスはその下書きをベックメッサーに与える。
ペグニッツ川のほとり、歌合戦の会場。ベックメッサーは先ほどの下書きを元に歌うが、笑い者に。ザックスに騙されたと非難するが、ザックスはこの歌はヴァルターものであることを告げ、ヴァルターが歌うと皆が感動する。
エーファを勝ち取ったヴァルターはマイスタージンガーの称号を拒否するが、ザックスに説得され、受け入れる。ドイツの芸術を称える合唱で幕となる。

総合プロデュース:
大野和士
制作:
東京文化会館/新国立劇場
主催:
[東京文化会館公演] 東京都・東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
[新国立劇場公演] 新国立劇場(公益財団法人新国立劇場運営財団)
共催:
[東京文化会館公演] 公益財団法人東京都交響楽団
国際共同制作:
ザルツブルク・イースター音楽祭、ザクセン州立歌劇場