オペラ夏の祭典について

オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World

「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」は、東京文化会館と新国立劇場が、2020年にむけて初めて共同制作を行い、日本を代表する各地の劇場と連携して2年に渡り展開する国際的なオペラプロジェクトです。

2019年は、アジア(中国)が舞台となる「トゥーランドット」(プッチーニ作曲)を上演。スペインの演出家集団で、バルセロナオリンピック開会式の演出を手がけたラ・フーラ・デルス・バウスの芸術監督であるアレックス・オリエが演出します。また、本プロジェクトを発案した指揮者大野和士が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が24年ぶりに来日し、オーケストラピットに入ることも大きな話題と言えます。

2020年は、祝祭感を持つ大作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(ワーグナー作曲)に挑みます。1964年の東京オリンピックのレガシーである東京都交響楽団がオーケストラピットに入り再び2020年を盛り上げます。

ごあいさつ

総合プロデュース 大野 和士
総合プロデュース
大野 和士

皆様に、“オペラ夏の祭典2019-20Japan↔Tokyo↔World”についてお知らせできることを大変嬉しく思います。この企画は、日本オペラ史上初と言っても良い、日本のオペラ界の総力を結集して2020年の祭典に向けて世界に問う大プロジェクトです。

私は東京芸術文化評議会の評議員として、2020年に向けた文化事業に際し、“世界中の人が参加し、東京より発信されるオペラの制作”を提唱致しましたが、この度それが実現の運びとなり、2019年にはプッチーニ作曲『トゥーランドット』、2020年にはワーグナー作曲『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の新制作が発表されることとなりました。

『トゥーランドット』は中国の王女が主役となる、いわばアジア大陸を舞台にした作品、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』はヨーロッパ大陸を舞台にした作品として、オペラネットで地球を結ぶという意図が反映されています。

演出には、現在、文字通りオペラ界を席巻している二人の演出の巨人を招聘、キャストは世界のトップクラスの歌手に、選りすぐられた日本の才能を組み合わせた、まさに一流どころの顔ぶれ。また『トゥーランドット』の子供の合唱は、世界の子供達が手を携えて舞台で歌うという構想もあり、話題には事欠かないことでしょう。

その上に特筆すべき点として、この企画が、新国立劇場と東京文化会館との共同制作であることが挙げられます。今までそれぞれに、日本の舞台芸術の屋台骨を背負ってきた劇場が、史上初のコラボレーションとして、この特別な機会にオペラを共に作り上げることとなりました。これはとりもなおさず、オペラに於ける、東京都と国との提携公演でもあります。二つの劇場はすでに手を携えて演出家との交渉、キャスティングなどを行っており、それを見るにつれ、私は大変心強い思いに駆られています。
また、日本を代表する各地の劇場とも連携し、『トゥーランドット』はびわ湖ホール、札幌文化芸術劇場でも演奏され、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』でも他の劇場での公演を行う予定でおります。

大きなエネルギーに支えられ、プロジェクトは着実に進行しています。

この結果を皆様と共に分かち合えればこれに勝る喜びはありません。

プレスリリース

2017年12月21日実施記者発表 
2018年3月26日発表「ニュルンベルクのマイスタージンガー」国際共同制作 

ギャラリー

記者発表

アレックス・オリエビデオメッセージ

フォトギャラリー

画像をクリックすると、拡大表示されます。

2017年12月21日実施記者発表