English

オペラ夏の祭典2019-20 Japan-Tokyo-World

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ザクセン州立歌劇場公演の模様を公開!

2020年1月26日から、共同制作先のザクセン州立歌劇場(ドレスデン)公演が行われています(2月16日まで)。

ザクセン州立歌劇場は、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の作者、リヒャルト・ワーグナーが自らの指揮で『さまよえるオランダ人』や『タンホイザー』などを初演したことでも知られる、伝統あるドイツの歌劇場です。

ザクセン州立歌劇場 外観

 

ザクセン州立歌劇場 内観

 

 

現地から届いた舞台写真をご紹介いたします。

日本での公演は、6月14日に東京文化会館で初日を迎え、新国立劇場、兵庫県立芸術文化センターへと巡回いたします。

(※ザクセン州立歌劇場公演に出演しているキャストの内、ベックメッサー役のアドリアン・エレートが、日本公演にも出演いたします。)

ぜひ会場でご覧ください!

 

 

 

 

 

 

関連記事

●演出家からのメッセージ

●ザルツブルク・イースター音楽祭公演レポート

 

公演情報はこちら

お知らせ一覧にもどる