English

オペラ夏の祭典2019-20 Japan-Tokyo-World

ゲーテ・インスティトゥート東京主催 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』特別鼎談 – ゲスト:大野和士、ハイコ・ヘンチェル、舩木篤也

11月18日から12月1日に新国立劇場で上演するワーグナーのオペラ『ニュルンベルクのマイスタージンガー』はザルツブルク・イースター音楽祭とザクセン州立歌劇場、東京文化会館、新国立劇場の共同制作で、2019年ザルツブルクでの初演後、2020年ドレスデンで上演され、この度新国立劇場公演を迎えることになりました。これを機会に、ゲーテ・インスティトゥート東京で特別鼎談が開催されます。

大野和士 オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World総合プロデューサー/新国立劇場オペラ芸術監督に『マイスタージンガー』の音楽的魅力をご紹介いただくとともに、来日中の演出補ハイコ・ヘンチェル氏には、過去の上演史とも照らし合わせながら今回の演出についてお話をうかがいます。またこの度の上演の字幕を手掛けた、日本ワーグナー協会理事、音楽評論家の舩木篤也氏にもご参加いただき、『マイスタージンガー』のアクチュアルな可能性に多角的に迫ります。

 

(写真左から)大野和士、ハイコ・ヘンチェル、舩木篤也

 

ゲーテ・インスティトゥート東京主催 『ニュルンベルクのマイスタージンガー』特別鼎談 – ゲスト:大野和士、ハイコ・ヘンチェル、舩木篤也

 

日時:11月22日(月)15時~16時30分(予定)

 

会場:ゲーテ・インスティトゥート東京図書館

 

料金:無料(限定30名様、事前申し込み制【受付終了】)、オンライン配信あり

※お申し込み方法はゲーテ・インスティトゥート東京ウェブサイトをご覧ください。

https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok/ver.cfm?event_id=22470825

※定員に達したためお申し込みは終了しました。YouTubeで生配信いたしますので、ぜひご覧ください。

 

 

言語:日独逐次通訳付き

 

主催:ゲーテ・インスティトゥート東京

協力:新国立劇場/日本ワーグナー協会

 

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』公演情報はこちら

お知らせ一覧にもどる