出演者紹介

東京都交響楽団/Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra( TMSO)

【管弦楽】東京都交響楽団

東京オリンピックの記念文化事業として1965年東京都が設立。現在、大野和士が音楽監督、小泉和裕が終身名誉指揮者、エリアフ・インバルが桂冠指揮者、ヤクブ・フルシャが首席客演指揮者(2018年3月任期満了)を務めている。なお、首席客演指揮者は、2018年4月よりアラン・ギルバートが就任する。定期演奏会などを中心に、小中学生への音楽鑑賞教室など、多彩な活動を展開。CDリリースは、インバルによる『マーラー交響曲集』のほか、交響組曲『ドラゴンクエスト』まで多岐にわたる。2015年にはベルリン・ウィーンなど5ヶ国6都市をめぐるヨーロッパ・ツアーを行い、各地で熱烈な喝采を浴びた。《首都東京の音楽大使》として、来たる東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、文化芸術の活性化を目指している。
オフィシャル・サイト www.tmso.or.jp


2020年 ニュルンベルクのマイスタージンガー
  • 6月14日(日)・17日(水) 【東京文化会館 大ホール 】
  • 6月21日(日)・24(水)・27日(土)・30日(火) 【新国立劇場 オペラパレス】
  • 7月(予定) 【兵庫県立芸術文化センター】