出演者紹介

【ヴァルター・フォン・シュトルツィング】トミスラフ・ムツェック

ドイツのジーゲン生まれ(家族はクロアチア出身)。ウィーン音楽大学で学ぶ。ウィーン国立歌劇場、ブレーメン歌劇場の専属歌手を経て、2002年バイエルン州立歌劇場『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオで成功を収める。これまでにウィーン国立歌劇場、ザクセン州立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、ミラノ・スカラ座、ボローニャ歌劇場、パリ・オペラ座、バイロイト音楽祭、ルール・トリエンナーレなどに出演。最近では、ザクセン州立歌劇場で『魔笛』タミーノ、『魔弾の射手』マックス、『ドン・カルロ』タイトルロール、『エウゲニ・オネーギン』レンスキー、『ラ・ボエーム』ロドルフォ、『フィデリオ』フロレスタン、ザクセン州立歌劇場、バイロイト音楽祭、バイエルン州立歌劇場、リヨン歌劇場、マルセイユ歌劇場での『さまよえるオランダ人』エリック、サンパウロ歌劇場『ローエングリン』タイトルロールなどで活躍している。


2020年 ニュルンベルクのマイスタージンガー
  • 6月14日(日)・17日(水) 【東京文化会館大ホール】
  • 6月21日(日)・24(水)・27日(土)・30日(火) 【新国立劇場オペラパレス】
  • 7月(予定) 【兵庫県立芸術文化センター】