出演者紹介

妻屋 秀和/TSUMAYA Hideakazu

【ティムール】妻屋 秀和

東京藝術大学卒業、同大学院修了。第24回ジローオペラ賞、第3回ロシヤ歌曲賞受賞。伊・ミラノに留学後、独・ライプツィヒ歌劇場(94-01年)及びワイマールドイツ国民劇場(02-11年)の専属歌手を務めた。ブレゲンツ湖上音楽祭、ベルリン・ドイツ・オペラ、ベルリン州立歌劇場、ライン・ドイツ・オペラ、ハノーファー州立歌劇場、マンハイム国民劇場など各地で出演。日本でも新国立劇場をはじめ、数多くの劇場で活躍。これまでにヨーロッパ、日本で主要な役を多くの著名な指揮者、演出家、歌手と共演。出演したオペラは60余作、演じた役は80役、公演数は900を超え、恵まれた体躯と深みのある柔らかな声、重厚な演技で圧倒的な存在感を醸し出している。コンサートにおいてもソリストとして活躍するほか、マスタークラス等の教育活動にも取り組んでいる。17年日生劇場『ルサルカ』、びわ湖ホール『アッシジの聖フランチェスコ』に出演。18年3月東京二期会『ノルマ』オロヴェーゾで出演予定。ライプツィヒ在住。二期会会員

出演日程・会場

2019年 トゥーランドット
  • 2019年7月13日(土) 【東京文化会館 大ホール】
  • 2019年7月21日(日) 【新国立劇場 オペラパレス 】
  • 2019年7月28日(日) 【びわ湖ホール 大ホール】
  • 2019年8月4日(日) 【札幌文化芸術劇場 hitaru】