English

オペラ夏の祭典2019-20 Japan-Tokyo-World

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』林正子 インタビュー

林正子(エーファ役) インタビュー
ー時代も、洋の東西も超えた普遍的なメッセージを届けたいー

 

約5時間半もの上演時間を要するワーグナーの超大作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が東京で上演される。
大胆な新演出は、先行上演されたザルツブルクでも新鮮な驚きをもって迎えられた。
「オペラ初心者の方にも、絶対に楽しんでいただける自信があります」
エーファ役に挑む林正子さんが、本作にかける思いとは。
【2020年2月12日 朝日新聞夕刊東京本社版 広告特集「ネクストステージ」インタビューより一部改稿】

 

林正子 ©YOSHIMURA

あの名作オペラが新演出でついに東京へ

 たとえ、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」という作品名になじみがなくとも、冒頭のあの壮麗な音楽はきっと誰もが耳にしたことがあるはずだ。
 150年以上にわたって世界中で愛されてきた本作は、中世ドイツの歌合戦を描いた活力あふれる人間ドラマ。「自分の結婚相手が街の歌合戦で決められるなんて、私なら絶対断りますけど」と笑わせつつ、林正子さんが教えてくれた本作の魅力は、「ユーモラスな恋物語を装いながら、実は深いテーマがいくつも隠されていること」。
 「例えば、互いに一目惚れした娘エーファと騎士ヴァルターが共に、その愛を喜びではなく、自由を奪う苦悩の始まりであると感じていることは、興味深いところだと思いませんか」
 また、マイスタージンガー(職人の親方兼歌手)たちが繰り広げる論争には、音楽界に革新を求め続けたワーグナー自身の芸術観も投影されていると言われている。
 「この作品と相対していると、ワーグナーという作曲家の見方が変わります。様々な逸話に伝わる傲慢さはかけらも感じられない。ただひたすら人間を愛し、芸術を愛した、正直に生きた人物なのだと思えてきます。劇中、自由な精神と才能の持ち主が、因習のもとで挫折し、偉大な芸術家の力を借りて成長していくというくだりにも、芸術と芸術家に対するリスペクトが感じられます」
 東京文化会館、新国立劇場、ザルツブルク・イースター音楽祭、ザクセン州立歌劇場による国際共同制作版。中世から今日の歌劇場へと舞台を移し、「劇中劇」と「現実」のストーリーが2層構造で展開する大胆な演出も話題を集める。
 「この作品が持つ普遍的なメッセージを、いまを生きる聴衆の皆様にどう伝えるか、いかに共感いただけるものにするか。新たな挑戦が楽しみです。日本でオペラというと、かしこまった教養のように捉えられがちですが、もっと生活に根ざしたものであってほしい。いまは字幕も出るので予備知識がなくても大丈夫。何より、初めてお越しになる方は、オーケストラと歌手の肉声が作り出す立体的な響きに、必ずや圧倒されることと思います。おなじみの心地よい旋律に身を委ね、ほかでは味わえない贅沢な時間を堪能していただきたいですね」

 

つらい別れも悔しさも〝引き出し〞の中に

 小学生の頃、音楽の先生に「いい声だね」と褒められたことが心底うれしかったという。家のラジオで何げなく聞いていたクラシックに親しむうち、「マーラーの交響曲4番や8番の美しいソプラノが好きになって、次第にオペラへと興味が移っていきました」。「どんな習い事も続かないタイプ」だったのに、歌のレッスンだけは飽きなかった。厳格な父の反対を押し切って東京藝術大学へ進学、オペラ歌手への道を歩き出した。ジュネーブを拠点に活躍するいま、日本を代表する名ソプラノとして圧倒的な存在感を放つ。
 順風満帆に見えるキャリアの陰にはしかし、母の交通事故、海外での露骨なアジア人差別、父の看病といったいくつもの試練があったと明かす。「人生、色々あります。でも、悲しみも悔しさももちろん喜びも、全部心に刻みつけて生きてきました。だからどんな役を演じるときも、ねえ、あの時私はどんな気持ちだった?と、いろんな感情の〝引き出し〞を開けてヒントにするんです」。偽らざる生身の感情が込められた歌声は、作り物ではないからこそ聴く者の胸を打つ。
 いま、目指す高みとは。「最近、ヨーロッパの人が当たり前に備えている宗教観や価値観が自分にないことは、むしろ強みだと思えるようになりました。既存の慣習にとらわれずに楽譜を読み解いた結果、『そうか、そういう解釈もあったか』と思ってもらえたら光栄ですよね。だから毎日のようにピアノの前でウンウン悩んで、演出家や指揮者と話し合って……。挑戦はこれからも続きます。従順な日本人のイメージを覆す変わった女が一人くらいいてもいいでしょう(笑)?」
 知的かつ豪胆、繊細でいてたくましい。美しい野心を秘めたプリマドンナが、どんな新たなマイスタージンガーを見せてくれるのか、待ち遠しい。

 
 

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』公演情報はこちら

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』アドリアン・エレート インタビュー

アドリアン・エレート(ベックメッサー役) インタビュー
ー深い洞察による役作り 観客の心に響く演技をー

 

バロック音楽から現代音楽まで幅広いレパートリーを持ち、世界中の歌劇場から引く手数多のバリトン歌手、アドリアン・エレートさん。
この夏、ついに東京文化会館で上演されるワーグナーの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』で当たり役としても知られるベックメッサーを演じる。
多くのファンの期待を集める役柄への思いと、今回の演出の魅力について伺った。
【2021年7月8日 朝日新聞夕刊東京本社版 広告特集「ネクストステージ」インタビューより転載】

 

アドリアン・エレート ©Nikolaus Karlinský

ベックメッサーは悪人ではない

 2009年のバイロイト音楽祭以来、ベックメッサー役で高い評価を得るエレートさん。「この役を歌うのはとても好きです」と、柔和な笑顔で語る。しかしベックメッサーと言えば、ワーグナー唯一の喜劇作品で道化役ともなる悪役。この滑稽な人物をどのように演じるのかを問いかけると、思いがけない言葉が返ってきた。
 「私は彼を悪人だとは思っていません。ただ、登場人物の中で最も生真面目な人物なのです。大切なことは、彼はマイスタージンガー(職匠歌人)であり、かつ歌の判定者として皆から尊敬されているという前提です。ところが物語が進むにつれて事態が変わり、自信を失い、懐疑的になっていく。心が乱れる中で、数々の間違いを犯してしまいます。その様子が観る人の目にコミカルに映り、笑いを誘うのですが、彼は自分を笑うことができません。それこそが彼の問題だったと言えるでしょう」
 コミカルに、カリカチュア的に表現されることが多いベックメッサーだが、エレートさんはそのような解釈はしていない。ではなぜ、「教養高く尊敬されていた」はずの人物が、身を持ち崩していくのだろう。
 「恋をしてしまったからです。彼は女性と付き合うことがなかったのでしょう。独り身のまま年を取る中でエーファに恋をし、歌合戦により結婚のチャンスが与えられたがために、いつもの彼であればしないであろうことをしてしまう。ライバルとなる若者ヴァルターが現れ、客観的に芸術を判断できなくなり、高まる緊張感から次々と間違いを重ねてしまいます。私が思うに彼が犯した最大のミスは、自信を失ったために他人の詩を受け入れ、それをなんとかして歌おうとしてしまったこと。その結果ひどい結末を招くのです」
 これまでにもベックメッサー役には様々な解釈が与えられてきたが、エレートさんはこの人物像に新たな光を当てる。「彼は悪人ではなく、恋に目が眩んでしまった」と聞けば、同情すら覚える。人間心理への深い洞察と情けが、エレートさんの演技力を支え、観客の心を動かすのだ。
 最後のシーンも興味深い。ワーグナー自身が書いた台本では舞台を去るが、今回の演出では残るのだという。「彼は自分のひどい歌の後に、恋敵ヴァルターの歌を聴かなくてはなりません。そしてこの若者の歌は確かに素晴らしい、こうして歌えば良いのだと、古い型に捉われない新たな風の到来を受け止めていきます。そうした心の変化を皆様にお伝えできたら嬉しいです」

 

ザルツブルク・イースター音楽祭公演より ©OFS/Monika Rittershaus
ザクセン州立歌劇場公演より ©Semperoper Dresden/Ludwig Olah

普遍的な人間性を伝えるオペラ

 エレートさんは、今回の公演の国際共同制作先で東京に先駆けて上演されたザルツブルクとドレスデンでの公演に出演した今回唯一のキャスト。物語の舞台を中世から現代の劇場へと移して展開する斬新な演出は、5時間半にわたる大作を飽きさせることなく魅せると評判だ。
 「現実と舞台が交差する素晴らしい演出です。例えば私は2幕でリュートを弾きながらセレナーデを歌いますが、そのシーンでは現代の衣裳を脱ぎ捨て、中世の衣裳を着て歌います」。想像するだけで楽しみだが、そこには時代を超えた人間ドラマの普遍性が示唆されている。
 「ベックメッサーのように因習に囚われる人物は今日も存在します。一方、主人公のザックスは年老いて恋を諦め、恋のみならず芸術においても、若い人や次の世代に席を譲ります。そうした次への橋渡しをしていく際に現れる人間性は普遍的なもので、いつの時代にも伝えていくことができます。それこそがこの作品のテーマでもあるのです」
 エレートさんは現在、教えることにも力を注ぐ。「私のような50代は、現役で舞台に立ちながら、後進に経験を受け渡していけるので、長く両立していきたいと思います」。その言葉はあたかも、本作品のテーマと繋がるようだ。
 音楽一家に生まれ、子どもの頃から何よりも舞台に立つことが好きだったというエレートさん。本公演でもハイバリトンの艶やかな歌声を響かせ、豊かな表現力で絶妙な存在感を発揮してくれることだろう。

 
 

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』公演情報はこちら

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』トーマス・ヨハネス・マイヤー インタビュー

トーマス・ヨハネス・マイヤー(ハンス・ザックス役) インタビュー
ーワーグナーのオペラのような崇高な芸術が今こそ社会に必要ー

 

昨年はコロナ禍により、多くのクラシックコンサートやオペラが公演中止となった。世界にはいまだ大きな不安やストレス、分断や争いが広がっている。
でもそんな時こそ「ワーグナー作品のような崇高な芸術が社会には必要」と語る、オペラ歌手のトーマス・ヨハネス・マイヤーさん。
ワーグナー作品の魅力、今の時代にオペラ歌手として活動する思いを伺った。
【2021年3月11日 朝日新聞夕刊東京本社版 広告特集「ネクストステージ」インタビューより一部改稿】

 

トーマス・ヨハネス・マイヤー

聴くほどに発見があるワーグナーのオペラ

 ドイツ生まれのマイヤーさんは、ワーグナーをこよなく愛している。レパートリーは幅広いが、近年はとくにワーグナー作品を中心に精力的に公演を続けてきた。
 「ワーグナーのオペラには情熱があふれていて、最初の一音からその世界に引きずりこまれます。聴けば聴くほどに新しい発見があります。私は『ニーベルングの指環』を200回以上歌ってきましたが、一度も退屈を感じたことがありません」
 実はマイヤーさん、若い頃はポップスやロックを歌っていた。ところがある時、のどを痛めて医師からクラシックをすすめられる。それからクラシックを歌うようになり、ワーグナーの音楽のとりこになったという。
 「ワーグナーは自分の作品を総合芸術と呼び、脚本も歌詞も自分で書きました。彼の作品は音楽的にすばらしいだけでなく、哲学や歴史、宗教の要素も色濃い。彼はニーチェやショーペンハウアーの影響のもと作品を書き、最後に完成した『パルジファル』ではキリスト教と仏教が融合したような世界を表現しています」
 そんなワーグナー作品だけに、日本人のなかには難解な印象をもつ人もいるようだ。そんな人にこそおすすめしたいのが「ニュルンベルクのマイスタージンガー」だ。正味の上演時間が4時間半を超える大作だが、ワーグナーのなかでは最も親しみやすい作品とされている。
 「『ニュルンベルクのマイスタージンガー』は、ワーグナーのオペラのなかでも特別な存在です。唯一の喜劇であり、ドラマチックな人間ドラマです。コメディーやユーモアの要素もあり、ハ長調で書かれているので音楽的にも明るくポジティブです」

 

中世の職人たちによる歌と愛の人間ドラマ

 ワーグナーのオペラは神話や伝説を題材にしたものが多いが、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は史実をもとにしている。マイスタージンガーとは中世のドイツにおいて、職人の親方でありながら音楽家として師匠格の能力をもつ人物に与えられた称号。マイヤーさんが演じるハンス・ザックスもその一人で、実在の人物だ。作品では個性的な職人が多数登場し、歌や愛をめぐる人間ドラマが繰り広げられる。
 「ワーグナーはザックスに自分の人生や思いを投影していて、この作品には彼の芸術観が詰め込まれています。彼が目指していたのは階級のない世界で、マイスターたちの音楽こそが最も崇高なものだと考えていました。そして社会の争いは芸術によって解決されるべきで、芸術こそが人類の救済につながる、との思想がこの作品には込められています」
 その思いは、パンデミックにより世界に不安や分断、争いが広がっているなか、オペラ歌手として活動を続けるマイヤーさん自身のものでもあるのだろう。
 「残念なことに今、私のまわりの友人も仕事がなくなり、音楽を諦めざるを得ない現実があります。それだけにまだ歌える機会をいただけている私は、芸術が人間にとっていかに重要なものであるかを示す責任があると思っています。オペラのような芸術は、国境を越えて人を結びつけます。私は芸術によって人々の心が一つになり、それが平和な社会へつながると信じています。これからもそんな思いを込めて、オペラを歌い続けていきたいと思います」
 とはいえマイヤーさん自身も、ヨーロッパで予定していた多くの公演が中止となっている。その分、自由な時間が増えたため、家族と過ごす時間を大切にし、東京公演に向けてじっくり役作りに取り組むという。
 「東京は大好きな街です。昨年、東京で初めてザックスを演じる予定だったのですが、コロナの影響で中止になってしまいました。それだけに公演を心から楽しみにしています。ぜひたくさんの日本の方に、見に来ていただきたいですね」

 
 

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』公演情報はこちら

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』新国立劇場公演 出演者変更のお知らせ

オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World『ニュルンベルクのマイスタージンガー』新国立劇場公演でヴァルター・フォン・シュトルツィング役に出演を予定しておりましたトミスラフ・ムツェック、ダーヴィット役に出演を予定しておりました望月哲也は、健康上の理由により出演できなくなりました。このため、下記のとおり出演者を変更して上演致します。

 

ヴァルター・フォン・シュトルツィング:トミスラフ・ムツェック → シュテファン・フィンケ
ダーヴィット:望月哲也 → 伊藤達人
アウグスティン・モーザー:伊藤達人 → 菅野 敦
バルタザール・ツォルン:菅野 敦 → 秋谷直之

 

【ヴァルター・フォン・シュトルツィング】シュテファン・フィンケ(Stefan VINKE)

ドイツのヘルデンテノール。99年にマンハイム歌劇場で「若きヘルデンテノール」の称号を得、2000年にはOpernwelt誌「年間最優秀若手歌手」に選出される。『トリスタンとイゾルデ』『ジークフリート』『タンホイザー』『パルジファル』『ローエングリン』『リエンツィ』のタイトルロール、『ワルキューレ』ジークムント、『神々の黄昏』ジークフリート、『さまよえるオランダ人』エリック、『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ヴァルターなどワーグナーのテノール諸役で世界的に活躍。「ニーベルングの指環」では、英国ロイヤルオペラ、メトロポリタン歌劇場、ウィーン国立歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラなどへ数多く出演。バイロイト音楽祭へは11年『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ヴァルター、『トリスタンとイゾルデ』トリスタン、15年~17年『ジークフリート』『神々の黄昏』ジークフリートに出演。ワーグナー以外では、『イドメネオ』タイトルロール、『フィデリオ』フロレスタン、『ナクソス島のアリアドネ』バッカス、『死の都』パウルなどでベルリン、ハンブルク、ケルン、パリ、バルセロナ、メルボルン、北京、ザルツブルクなど世界各地の歌劇場や音楽祭へ出演している。今シーズンはケルン歌劇場『死の都』パウル、メトロポリタン歌劇場『エレクトラ』エギスト、ブダペストのワーグナー音楽祭で『ジークフリート』『神々の黄昏』ジークフリート、ライプツィヒ歌劇場『トリスタンとイゾルデ』トリスタン、『神々の黄昏』ジークフリートなどに出演予定。新国立劇場初登場。

 

【ダーヴィット】伊藤達人(ITO Tatsundo)

東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了、新国立劇場オペラ研修所第14期修了。文化庁在外研修員としてベルリンにて研鑽を積む。東京二期会『ナクソス島のアリアドネ』ブリゲッラ、『清教徒』ブルーノ、日生劇場『魔笛』武士Ⅰ、『ヘンゼルとグレーテル』魔女、日生劇場『ルチア あるいはある花嫁の悲劇』アルトゥーロ、トウキョウ・モーツァルトプレイヤーズ『魔弾の射手』マックス、パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌『ナクソス島のアリアドネ』スカラムッチョ、オーケストラ・アンサンブル金沢『魔笛』タミーノなどに出演。オペラ以外でも、15年には新国立劇場演劇公演ミュージカル『パッション』にトラッソ中尉役で出演したほか、コンサートでもヘンデル『メサイア』、ベートーヴェン『第九』、オルフ『カルミナ・ブラーナ』などのソリストとして活躍。新国立劇場オペラ公演へは、本年4月『夜鳴きうぐいす』漁師でデビューした。二期会会員。

 

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』公演情報はこちら

オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World『ニュルンベルクのマイスタージンガー』東京文化会館公演の公演中止に伴うチケット払戻し等のご案内

本公演につきまして、公演関係者の新型コロナウイルス感染が確認され、最終舞台稽古を行えないなど公演の準備が整わないことから、公演を中止することとしました。

ご購入いただいたチケットにつきましては、代金の払戻しをさせていただきます。

 

払戻し手続きの方法は、ご購入先、チケット受け取り方法、チケットを受け取られているかどうか等により異なります。お客様の該当する払戻し方法をご確認のうえ、お手続きをお願いいたします。

また、チケット代のご寄付も受け付けております(下記4をご覧ください)。

 

1、東京文化会館チケットサービス(電話・窓口・web)でご購入いただいたお客様

東京文化会館の窓口でチケットを受け取られたお客様/郵送にてチケットを受け取られたお客様(webで予約し、クレジットカード決済のうえ郵送にてチケットを受け取られた方を除く)

〈受付期間〉9月30日(木)まで(必着)

〈払戻し方法〉郵送のみ

該当公演のチケットとともに、下記の必要事項を記入した用紙を同封のうえ、下記送付先までお送りください。

必要事項:お名前(フリガナ)、電話番号、チケットの枚数、口座名義(フリガナ)、金融機関名、支店名、普通預金または当座預金、口座番号

送付先:〒110-8716 東京都台東区上野公園5-45 東京文化会館チケットサービス 払戻し係宛

※郵便事故等による不達の場合、払戻しができませんのでご理解いただきますようお願いいたします。

〈払戻し対象〉

・チケット代金

・各種手数料

※チケットサービスにて把握できる費用

※本公演のチケットとともに別公演のチケットをご購入の方は、システム使用料、発券手数料のみ

・チケットの返送料(上限414円まで)

※郵便事故等による不達の場合、払戻しができませんのでご理解いただきますようお願いいたします。

〈払戻し時期〉チケット到着後、2か月後の末日(予定)

 

セブンイレブンにてチケットを発券されたお客様

〈受付期間〉8月8日(日)10:00〜9月30日(木)23:59

〈払戻し方法〉セブンイレブン店頭

受付期間内に、発券された店舗にチケットをお持ちください。発券された店舗名は、チケットの左下をご確認ください。

〈払戻し対象〉

・チケット代金

・各種手数料

※チケットサービスにて把握できる費用

発券された店舗での払戻しが難しい場合は、上記の「①東京文化会館の窓口・郵送にてチケットを受け取られたお客様」と同じ方法にて払戻しのお手続きをお願いいたします。

 

セブンイレブンにてチケットを発券されていないお客様/webで予約し、クレジットカード決済のうえ郵送にてチケットを受け取られたお客様/web(英語サイト)にてご購入のお客様

お客様ご自身での払戻しのお手続きは不要です。

クレジットカード会社を通じて払戻しされます。詳細はクレジットカード会社のご利用明細にてご確認をお願いいたします。

〈払戻し対象〉

・チケット代金

・各種手数料

※チケットサービスにて把握できる費用

 

2、都響ガイド(電話・web)でご購入いただいたお客様

〈受付期間〉9月30日(木)まで(必着)

〈払戻し方法〉郵送のみ

該当公演のチケットとともに、下記の必要事項を記入した用紙を同封のうえ、下記送付先までお送りください。

必要事項:お名前(フリガナ)、お電話番号、チケットの枚数、口座名義(フリガナ)、金融機関名、支店名、普通預金または当座預金、口座番号

送付先:〒110-8716 東京都台東区上野公園5-45 東京文化会館チケットサービス 払戻し係宛

※郵便事故等による不達の場合、払戻しができませんのでご理解いただきますようお願いいたします。

〈払戻し対象〉

・チケット代金

・チケットの返送料(上限414円まで)

※郵便事故等による不達の場合、払戻しができませんのでご理解いただきますようお願いいたします。

〈払戻し時期〉チケット到着後、2か月後の末日(予定)

 

3、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットでご購入いただいたお客様

ご購入いただいた各プレイガイドにて払戻しを受付いたします。各プレイガイドのウェブサイトにて払戻し方法等をご確認のうえ、お手続きをお願いいたします。

〈受付期間〉8月8日(日)〜9月30日(木)

※受付時間等詳細は各プレイガイドのウェブサイトにてご確認ください。

チケットぴあ

イープラス

ローソンチケット

 

4、チケット代のご寄付をご希望されるお客様

払戻しをせず、チケット代のご寄付をご希望される場合は、9月30日(木)までに以下の用紙に必要事項をご記入の上、該当公演のチケット(原本)とともに、下記送付先までお送りください。

〒110-8716 東京都台東区上野公園5-45

東京文化会館チケットサービス チケット寄附担当

ご支援のお願い

チケット寄附用申込用紙(PDFWord

記入例(PDF