プッチーニ作曲「トゥーランドット」

公演日程&チケット

公演日/開演時間 キャスト 会場 発売日情報 チケット購入
7月12日(金)18:30

東京文化会館 大ホール 2018年12月8日

coming soon

7月13日(土)14:00

coming soon

7月14日(日)14:00

coming soon

7月18日(木)18:30

新国立劇場 オペラパレス 2019年3月2日
(シーズンセット券発売中)

coming soon

7月20日(土)14:00

coming soon

7月21日(日)14:00

coming soon

7月22日(月)14:00

coming soon

7月27日(土)時間未定

びわ湖ホール大ホール 友の会優先発売
2018年12月6日
一般発売
2018年12月8日

coming soon

7月28日(日)時間未定

coming soon

8月3日(土)時間未定

札幌文化芸術劇場 hitaru 2018年12月8日

coming soon

8月4日(日)時間未定

coming soon

※各公演の出演者は、キャスト欄の印でご確認ください。

スタッフ

  • 美 術 アルフォンス・フローレス
  • 衣 裳 リュック・カステーイス
  • 照 明 ウルス・シェーネバウム
  • 演出補 スサナ・ゴメス

キャスト

合 唱:新国立劇場合唱団藤原歌劇団合唱部びわ湖ホール声楽アンサンブル
管弦楽:バルセロナ交響楽団

ストーリー

第1幕

古代の北京。戦いに敗れ、女奴隷のリューとともに放浪中の老王ティムールは、息子の王子カラフと再会し、無事を喜び合う。皇女トゥーランドットが無言で姿を見せ、人々はひれ伏す。カラフは皇女の美しさに魅せられ、3つの謎を解き明かせば彼女が自分のものになると知り、謎に挑戦する。

第2幕

3人の大臣が、皇女のせいで命を落とした異国の王子たちを思い返す。宮殿前の広場に人々が集まり、トゥーランドットが「謎が解けなければ死をもって報いる」と告げる。しかし、カラフはすべての謎を見事に解き明かす。狼狽する皇女に、カラフは自分の名を謎として与える。

第3幕

皇女の命で人々は一睡もせずに異国の王子の名前を調べている。カラフが自らの決意をアリア〈誰も寝てはならぬ〉で歌い上げる。ティムールとリューが捕えられる。リューは「若者の名前は自分だけが知る」と訴えた後、自害する。人々が去った後、カラフは皇女に愛を語り、口づけをする。心を開いたトゥーランドットは、カラフの名を「愛」であると叫ぶ。

総合プロデュース:
大野和士
制作:
東京文化会館/新国立劇場
主催:
[東京文化会館公演] 東京都・東京文化会館(公益財団法人東京都歴史文化財団)
[新国立劇場公演] 新国立劇場(公益財団法人新国立劇場運営財団)
[びわ湖ホール公演] 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール(公益財団法人びわ湖芸術文化財団)
[札幌文化芸術劇場公演] 札幌文化芸術劇場 hitaru(公益財団法人札幌市芸術文化財団)
協力:
公益財団法人日本オペラ振興会(藤原歌劇団)